趣味

栗原さん曰く忘年会に参加するメリットやデメリットは?

忘年会

1.栗原政史さんが忘年会についてお話します

年末になると忘年会シーズンとなります。
会社関係、友人関係、地域での付き合いなどいろいろな関係でお誘いがかかる方もいるでしょう。
飲み会のためあまり連続してしまうと体力的に厳しい、年末に体調を崩してしまったという経験をお持ちの方もいるでしょう。

ですが、せっかく誘われたならできれば参加したいという方やあまり関わりたくないからいきたくないという方など人によってさまざまな理由により参加すべきかどうかなど悩みどころです。

忘年会に参加することのメリットは、さまざまな人といろいろ会話できる点であると栗原政史は解説しています。
実際、栗原政史さんは忘年会でかなりの人脈を築けたそうです。

会社での飲み会ならいつも職場では話さない方ともお酒を飲みほろ酔いになれば、いろいろと楽しく会話できることもあります。
普段の態度からではわからないような一面がみられる可能性もあるため、職場仲間の交流を深めるという意味でも参加することでメリットも大きいといえるでしょう。

また、上司や他の部署の方など大勢が参加するケースでは、職場では接する機会が少ない方達とのつながりを深めることにもなります。
それ以外にも忘年会の幹事をやることで、上司や同僚など職場とは違う能力を発揮し、誰もが楽しめる飲み会にすることで周囲からの評価が上がる可能性もでてきます。

2.友人たちとの忘年会は楽しい飲み会となるのがメリット

友人関係での忘年会では、一年間の思い出を語り合うなど楽しい飲み会となるのがメリットといえます。
大人になれば仕事をしている方も多く、学生の頃のように気軽に集まるというのもなかなか難しいものがあります。

飲み会として招集をかけることで、集まる人もそれなりに増えることもあります。
会社関係の飲み会ではないため、日ごろのストレス解消にもなるでしょう。
気心知れた仲間達と楽しい時間をすごしましょう。

地域での忘年会などの場合には、ご近所や町内会など日ごろ顔を合わせることも多い方達との交流を深めておくことで、いろいろとメリットもあります。
職場だけでなくご近所付き合いなどもある程度大切にしておくことは大切です。

飲み会に参加しておけば、ご近所付き合いがない方達ともいろいろと会話するきっかけとなりつながりが増えることにもなるでしょう。
それ以外にも近所のうわさなどいろいろと面白い情報がきける可能性もあります。

3.忘年会に参加するデメリットあれこれ

ですが、会社関係、友人関係、地域などの飲み会でもメリットだけでなくデメリットも存在します。
どの飲み会でも自分が苦手とする方が参加する飲み会はあまり出席したくないものです。

性格的にあわない人というのは少なからずいるため、そのような場合には参加してもストレスを感じてしまい楽しむことができないという点はデメリットとなるでしょう。

そして金銭的な面においてもデメリットはあります。
集まってお酒を飲み、食事をするということは、少なからずお金がかかります。

年末が近づけば誰もが年末、年始の準備や掃除、必要な買い出しなどいろいろと時間とお金がかかるため、この時点で飲み会をするとなると、時間的な余裕、金銭的な余裕がない場合には参加するのをためらいたくもなります。

飲み会となると普通の食事よりもお金がかかります。
会社などの場合には会社側が負担、もしくはある程度の額の負担は期待できますが、友人関係や地域での飲み会ならそれもあまり期待できません。

会社関係の場合でも割り勘の可能性が高い職場もあるためそんなに参加したくないのに、お金を出すというのは不満がつのります。
このような点からもデメリットといえます。

4.周囲との繋がりを保ちたいならできるだけ参加しておきましょう

忘年会では、一年をすごしてきておつかれさまでした、ねぎらうという意味で行うこともあります。
そのため、楽しい飲み会であれば積極的に参加してみるのもいいでしょう。

また、ある程度人付き合いなどを大切にしたい場合には、なるべく参加するように心がけることも大切です。
自分は行く気にならないというだけで、全部の誘いを断ってしまうと、その後まったく飲み会などに誘われなくなり孤立してしまうケースもあります。

周囲とのつながりをある程度保ちたいなら、できるだけ参加しておきましょう。
ただし、関わりたくない相手がいる場合や家庭の事情、金銭的理由など人によってはさまざまな事情もあります。

この点をふまえて、誘いを断るべき時はきちんと断り、参加したほうがいいという場合には、参加をするなど自分なりに選ぶということも必要です。
極端にすべての誘いを断ることや体調が悪い、お金がないけど誘われたから行かなければならないというものでもありません。

きちんと自分なりに判断をしていくことが大切です。
年末が近づくなら仕事なども追い込みがかかる時期でもあり、家族とも過ごす時間が少ない方もいるでしょう。

その点からも飲み会に参加すべきかどうか、家族と過ごす時間を優先させるかなどさまざまな点から考慮して判断していきましょう。
楽しい飲み会だという場合には、自分自身のストレスの解消にもつながるため、日ごろの仕事などのストレスを軽減する目的で参加してみるというのもいいでしょう。